東京近辺のAGA(薄毛治療)専門のクリニックを紹介します。女性の薄毛、男性型脱毛症などについての口コミやランキングをチェックしておすすめの治療方法を見つけましょう

AGAの原因

男性の薄毛の中で、AGA(男性型脱毛症)は90%以上を占めています。

AGAの脱毛部には、DHTという男性ホルモンが高い濃度で存在し、髪の毛がしっかり成長する前に抜けてしまう原因となっています。

その結果、細くて短い毛が多くなり、全体的に髪が薄くなってしまうのです。

AGAのタイプとしては、
O型(頭頂部)
M型(前頭部)

の二つが多く、中には両側から薄毛の進行が始まるタイプも見られます。

そしてAGAは、一旦発症すると、効果的な対策をしない限り症状が進行してしまいます。

 

遺伝の影響について

AGAには遺伝が大きく影響していて、約5割が遺伝によるものと考えられています。

遺伝子は、遺伝の中心を司る因子と、薄毛の直接的な原因ではない周囲部分で影響する因子の2つからなります。

この中心因子と周囲因子の組み合わせによって、薄毛になるかどうかが決定します。

父や祖父が薄毛だからといって、本人が必ずしも薄毛にならないのは、こうした因子の組み合わせがあるからです。

そのため、AGAの原因として注目されているのは、遺伝そのものよりも、むしろ体質による部分です。

例えば、皮脂分泌過剰体質による脱毛です。

この体質の人は、頭皮に触れた時に脂がべっとりと指につくという特徴がありますが、これは頭皮に過剰な皮脂が分泌されているからです。

これによって頭皮環境の悪化を招き、髪の毛が太く長く成長する前に抜け落ちてしまいます。

このように、間接的な原因によってもAGAは進行するということも理解しておくべきです。

生活環境の影響について

同時に、遺伝とは関係なく、普段の生活環境・習慣による原因もあります。

過度なダイエットによる栄養不足や、暴飲暴食、ストレスをはじめとした精神的な要素も、AGAの進行を促す原因となります。

 

逆に言えば、このような生活環境や習慣による原因を意識的に改善するだけでも、AGAの発症を防ぐ効果はあると考えられます。

遺伝だからとあきらめてしまう前に、まずは生活習慣を見直すなど、自分でできることから髪について考えてみることをおすすめします。

みんなで選ぶ クリニック口コミランキング

ランキングを見る

四谷ローズクリニック